「来年の介護保険法改正・介護報酬改定にむけて!」

2017年10月27日

 いよいよ平成30年度介護保険法改正と介護報酬改定、指定基準の見直しが佳境に入ってきました。

 平成30年度改正と改定から介護保険の立ち位置が大きく変貌します。自立支援介護の考え方に軸足が移り、介護を「やれば良い」時代から、介護の「成果、結果」を重視する時代へと移り変わります。すなわち、介護に「治す」ことを求める事となり、すなわち医療の分野とのクロスオーバーが起きてきます。このことは日本医師会とのテリトリー分担を微妙として、主導権の取り合いが起こることを意味します。今後はさらに、医療においても介護は無視できず、関連分野として重要な立ち位置となります。

又、平成30年度より、医療保険対象の慢性期リハビリテーションのうち、脳血管疾患と運動器のリハビリテーションが介護保険に移管されます。これによって従来はデイケアを併設していなかった病院、クリニックのデイケアの併設が増えると見込まれています。

今進められているの介護給付費分科会での平成30年度介護報酬改定審議のポイントは以下の3点です。

1、高齢者集合住宅の併設事業所による利用者囲い込みと過剰サービス提供の徹底した廃絶。

2、自立支援介護への転換元年。科学的介護によるエビデンス重視へのカウントダウン。介護をやれば良い時代から、成果が求められる時代への転換。

3、小規模居宅介護支援事業所を職員数三人以上に統合が本格化。

〜C-MAS最高顧問 小濱先生よりメッセージ〜より引用


コメントを入力してください。


« 前月へ  2024年05月  次月へ»

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別記事一覧

お問い合わせ

(株)杉田総合経営センター 杉田公認会計士・税理士事務所

〒612-0807
京都府京都市伏見区深草稲荷中之町33番地
杉田センタービル
TEL:075-647-0881
FAX:075-647-2657

株式会社杉田総合経営センター 医療事業部
あしたのチーム

このページの先頭へ

杉田公認会計士・税理士事務所

075-647-0881
営業時間 平日9:00〜18:00

会計ソフト「MFクラウド会計」